レディ

効果が高いサプリとは:イソフラボンのもたらす力について

腸内環境の改善

カプセル

相性の良いものを選択

腸内環境は、中に住み着いている善玉菌と悪玉菌とのバランスがとれていれば、良い状態を保つことができます。しかし年をとったり生活習慣が乱れていたりすると、腸内では悪玉菌が増えやすくなります。これにより、便秘がちになったり、大腸ポリープができたりするのです。そのため多くの人が、善玉菌を増やしつつ、悪玉菌を減らしていくことのできる乳酸菌サプリを飲んでいます。しかし乳酸菌にはフェカリス菌やガセリ菌など様々な種類のものがあり、効果の出方は体との相性によって異なってきます。そのため乳酸菌サプリは、体との相性の良いものを選んで飲む必要があります。相性が良いものだと、2〜3週間飲むことで腸内環境が改善されていきます。長く飲んでいても効果が出てこない場合には、違う乳酸菌サプリに替えてみることが大事です。

朝昼夜の3回に分けて

乳酸菌は、腸内で善玉菌と同じように食べ物を分解します。そのためしっかりと働かせるためには、乳酸菌サプリを食後に飲むことが大事です。食べた物がうまく分解されず、いつまでも腸内に残ることで、悪玉菌が増えていきます。したがって、たとえば乳酸菌サプリを朝食後に飲んだとしても、その後の昼食や夕食で食べた物がうまく分解されなければ、結局悪玉菌が増えることになります。そのため乳酸菌サプリは、1日分を3回に分けて、朝昼夜のそれぞれの食事の後に飲むことが効果的とされています。そうすることで、入ってきた食べ物は全てしっかりと分解され、腸内は悪玉菌の影響を受けにくくなるのです。また、先述したように生活習慣の乱れによっても悪玉菌は増えていくので、規則正しい生活に改善していくことも大事です。